TOP>ABOUT US>組織体制>代表挨拶

代表挨拶


僕らの前に道はない。僕らの後ろに道はできる。
初代代表、光井勇人の言葉です。
「学生の熱意を体現した最高峰のイベントやフリーペーパーを中心に、多くの人の心に感動を与える。」
「学生・社会との関係を多方面に構築することで、熱意の波及を促し、学生の社会的価値を生み出す。」
この2つをミッションとして掲げ、僕らは大学生活の全てを懸けると誓いました。
一方で、10年目を迎えるAGESTOCK実行委員会という団体の代表。その名前の重圧に、後ずさりしたくなることもあります。
けれど、この熱い想いが、僕を前へ前へと突き動かす。
学生だってできる。学生だからできる。
「学生の熱意は、限りない可能性を持つことを証明する。」
僕らの挑戦は終わらない。

僕らは挑戦し続けてきました。
学生の熱意を体現した最高峰のイベントとフリーペーパー。
Ageが持つ2つの意味。 「世代」と「才能」。
「同世代」である全ての学生を巻き込み、各人の限りない「才能」が輝く場所を提供する。
今この時代に自分が何かをやるんだという明確な意思、それが人生を切り開くものであって、自分の才能です。
1460日、35040時間、2102400分、126144000秒、僕らは大学生活の全てを懸けています。
今この時代に学生であることの意味を、その可能性を、証明するために。
大学生活4年間で、夢を持ち、それに挑戦するその大切さを、今一度思い出してほしい。
学生だってできる。学生だからできる。
「学生の熱意は、限りない可能性を持つことを証明する。」
僕らの挑戦は終わらない。

AGESTOCK2014実行委員会 代表 吉田 成也


代表紹介

吉田 成也
氏名 吉田 成也 (Takeru Nakagawa)
大学 慶應義塾大学
生年月日 1995.01.17

▲ページトップ